-Contents-
市民会議について
 立ち上げの経緯
 規約・定款
 会員募集
 お問い合わせ先
各種会議
 ●全体会議
 運営会
グループ活動紹介
 里山
 水環境保全
 温暖化防止(エコライフ)
 プレス&環境ガイド
 環境講座
 エコビレッジ
 ごみ減量
 エコ事業所活動
 人にやさしい交通
ニュースレター

  水グループ
TOP >グループ活動紹介>水グループ 
《最新の活動内容》

 ■活動目的 〜こんなことをします〜
 市内のため池や河川等の水質・水辺環境について観察や調査を実施し、マップづくりやまちづくり資料に生かします。また、専門家のサポートを受けながら、より精度の高い調査データもHPに掲載していきたい。



水環境保全グループ(以下、水Gと略す)では、将来(約10年後)の水辺の姿を目標に掲げ、それに向かう行動計画(短期:3年、中期:6年、長期:10年)を平成2004年度に示した。2005年度には「雨水活用」をテーマにした新たな活動も加わり、2006年度は短期の「現状を把握する」ステップから中長期の課題である「河川管理者との連携」や「水辺の再生、川の連続性への取組み」、「水辺における啓発活動」などは、芥川倶楽部や河川レンジャーの行事に積極的に連携・参加することで前年度以上に実践できたといえる。

 ■現在の活動 〜こんなことをしています〜

 こんな活動(5/13現在)

ポンドウォッチングの様子 数回のリバーウォッチングとポンドウォッチングを経て、調査マニュアルに基づき、市内のため池60カ所、河川定点10地点で予備的調査を実施しました。また、今城塚古墳については、学習会と現地観察会も持ちました。
これらの結果から、これから取り組むべき課題がわかり、ローカルアジェンダにまとめたところです。
現在、それらを実行して行くためのより具体的な行動計画をみんなで検討しています。

 淀川の問題、水循環としての考え方、市民との双方向の環境情報収集、こどもや市民対象のイベントなどもこれから考えていきます。



 戻る

2004(C) Takatsuki Kankyou Shimin Kaigi, all right reserved
トップページへ