-Contents-
市民会議について
 立ち上げの経緯
 規約・定款
 会員募集
 お問い合わせ先
各種会議
 ●全体会議
 運営会
グループ活動紹介
 里山
 水環境保全グループ
 省エネ推進
 プレス&環境ガイド
 環境講座
 エコビレッジ
 ごみ減量
 エコ事業所活動
 人にやさしい交通
ニュースレター

 ごみ減量グループ
グループ活動は終了しました(2013.4)  TOP >グループ活動紹介>ごみ減量グループ 
《最新の活動内容》
 ■活動目的 〜こんなことをします〜

 『高槻市環境基本計画』の理念に基づき、「ごみ」をどうやって減らすか を検討・議論し、メンバー他の実践経験を活かして整理して、市民の実践できるごみ減量の方途 を、市民や行政に提示・提案していくグループです。

家庭系ごみの1/ を占める 「生ごみ」 を(「可燃ごみ」ではなく)「 リサイクルごみ (資源ごみ)」 と考える立場から、政府が「循環型社会形成基本計画」にもとづいて設定した削減目標値(2010年度)を参考として、環境先進都市を目指す高槻市の 「ごみ減量化推進計画」 を補強するみちを提言して行きます。資源循環型社会(ごみゼロのまち)を目指すためには、ごみ処理の基本的な考え方を転換して、一人一人がまず 自らの生活を “「ごみ」を作らない(出さない)生活スタイル” に改めていくとともに、「ごみ」を排出する場合には 「資源化できるごみ」 「資源化できないごみ」 (止むを得ず焼却 または 埋め立てる「ごみ」) に分ける考え方 に立ち、リサイクル 資源化・再資源化) に有効な分別・回収方法に充分の配慮をすることが重要と考えます。

 ■現在の活動 〜こんなことをしています〜

ごみ減量発表会の様子 【ごみ減量グループ会議 】を13名(環境市民会議メンバー:9名、企画委員:3名、事務局:1名)で立ち上げて以来、グループの活動理念にたって月2回ほどのペースでグループ会議( + 報告会・勉強会)をもち、 第3回たかつき環境市民会議(9/7) において、8月末までのグループ活動の経過・成果・(8月末時点の)現況等を報告するとともに、『ごみ減量』の目標達成には、市民・企業サイド・市行政サイドの3者が協議・協同(協働) して、年次数値目標(年次削減値) を掲げて努力していく途を提案しました。現在『高槻市ローカルアジェンダ21』策定に向けて、グループの活動理念が活かせるよう努力しています。



 戻る

2004(C) Takatsuki Kankyou Shimin Kaigi, all right reserved
トップページへ